民事調停のメリット

実際に民事調停の方法は売掛金回収テクニックの中でそれ程高度な方法でもなく、 法律の知識・経験が充分ではないという中小企業のみなさんでも、幾分着手しやすい方法と考えることが出来ます。民事調停によって売掛金回収を試みるメリットは、大きなトラブルにしないことです。しかしそれでも民事調停が成功出来た結果、法的効果(債権回収力)を得ることが出来ます。

民事調停における調停調書は「債務名義」であり、そのようなものが調停によって作成されれば、強制執行が可能となります。調停調書に記載された合意内容を相手が履行しないという場合もあります。そのとき相手方の財産に強制執行することが出来ます。民事調停にはまだ幾分、相手企業を気遣うような穏やかな雰囲気も漂っているのではないでしょうか。民事調停という方法を選択すれば今後まだかろうじて相手企業といい関係を築くことが出来るかもしれません。中小企業はやっぱり今後しっかり人間関係・繋がり・コミュニケーションのことも意識して経営を行っていかなければなりません。しかし、かと言って回収出来ない売掛金をそのまま待つというスタイルも取ることは出来ません。

調停で話し合うことと当事者同士で話し合うことの何が違うという思いを持つ人たちもいるかもしれません。しかし調停がただの話合いなら、何もわざわざ裁判所で話し合いをする必要はありません。
裁判所が関与することに重要な意味があり、民事調停の法的制度がしっかり機能してくれているのです。

民事調停は督促に対して自分なりに出来ることをして来てもう埒があかないというケースにおいて利用することが出来、相手が信用できないから争いをこじらせるよりもはじめから調停という選択肢もありです。